抗がん剤治療に代表される薬剤性脱毛症

脱毛症の中でも「薬剤性脱毛症」はあまり聞いたことがないと思いますが、何となく想像がつくのではないでしょうか。

簡単に言うと、薬の影響(副作用)で起きる脱毛症ということです。

抗がん剤治療によって髪が抜け落ちてしまう場合があることは、多くの人が知っていると思います。

抗がん剤は細胞分裂を抑制することでがんの進行を食い止める薬ですが、がん細胞だけでなく、同時に成長している髪の毛の細胞も大きな影響を受けてしまいます。

これによって、髪の毛が抜け落ちてしまうわけです。

もちろん、投与する抗がん剤の量や種類によって脱毛の範囲も異なりますが、体毛に比べるとやはり髪の毛への影響がもっとも顕著に現れやすいと言えます。

このほかにも、薬剤によっては休止期の髪の毛に影響を与えるものもあります。

高血圧の治療などに用いられるα遮断薬やβ遮断薬、Ca拮抗薬、てんかん治療薬、血糖降下薬をはじめ、あらゆる薬剤が髪の毛になんらかの影響を与えるといわれています。

処方された薬を飲んでいて抜け毛が目立つ場合は、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする